☆サムネ画像_話

source: http://toro.2ch.net/test/read.cgi/baby/1151308849/



メールフォームに届いたお話です。
ありがとうございました!

1: 名無しの鬼女さん 2017/02/06(月) 12:17:00
私が勝った話。
10ウン年前、赤が生まれたときトメと狭い一戸建てに同居だった。三階建てに建て替えたけど不自由なのは変わらない。
そのうえ、赤の泣き声が原因で度々児童相談所が様子を見に来た。たぶん通報されてる。
腹が立って腹が立って仕方がなかったが、近所の奥さんからおそらくあそこの娘さんだろうと教えてもらった。そこの娘さんは見るからに神経質そうだった。しかも家付き娘。婿は単身赴任なのにその付近の三軒はそこの家の持ち物で日ごろからうらやましいと思っていた。
それから私に火がついた。毎日毎日布団をたたき、大声でベランダ越しに隣と話し、ことあるごとに表に出て井戸端会議をした。娘たちにも玄関前でボール遊びにバドミントン、大声ではしゃいでなんでもさせた。
そのうちまた道路遊びの騒音で通報されるようになった。そうなったら占めたもの。このあたりはみんな子持ちでママ友だ。怖いものはない。早速集団でその家を無視し始めた。幸い、田舎だけれど実家が旧家で幅を利かせてるので誰も文句を言わない。姑さんも知ってか知らずかご近所いじめに加勢してくれた。旦那は気づかなかったようだが、娘たちにも協力させた。
功を奏して、あそこの娘さんは精神の病気だと噂が立った、度を越えた騒音でばっちり心の病にかかったもようwやったー!
それからは早かった。うちの娘たちにいちゃもんつけたのをしっかり見ていて、しかるべきところに届け出た。積み木が崩れるようにその家は破たんした。泣き寝入りはしなかったので、みんなには言わなかったけどかなりの額を融通してもらった。本当は私が一番悪いのに誰も何も言わなかった。旦那に至っては本当に私が被害者と信じていた。楽勝ってこういうことよね。
それからまもなくそこの三軒を売り払って出て行ってくれた。売り先も親戚で幸い二束三文で買いたたいてくれたので、周りまわって今はうちの親戚が住んでる。おいしいったらない。
今でも気に入らないやつが来たらつぶす自身があるし、娘たちにもおいおいその方法を伝えたい。やはり勝つのは私だ。周りなんて子供がいる母親が泣き落とせば何とでもなる。世の中ちょろすぎる。




1: 名無しの鬼女さん 2017/03/01(月) 11:55:00
友人の話。
いやあ、家は呪われてるみたいで。
ある人に視てもらったんだけど、もろ憑いてるらしいんだ。ハハ。
家の母親がやらかしてね~人を一人…(以下略)嫌味とか嫌がらせとか人からかう恨みとか半端ないらしくって。
それで、私は階段から落ちたり、試験も落ちたり、大事な会議に遅れたり、怪我したり、病気になったり、もうすぐ召されそうな勢いw祭り関係とかで相当あくどいことしてきたからか、本当にそういう恨みばっかりだよ~私の運はもうないよ~
確かに彼女の長い髪はたくさんの黒い人に引っ張られていた。翌年から彼女からの年賀状は届かなくなったけれど、なぜか怖くてまだ共通の友人には聞けない。
人から恨まれる、後ろ暗いことしてただですむはずがないから。

スポンサーリンク

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 名無しの鬼女さん
    • 2017年11月24日 00:41
    • 二つの話は繋がってるの??
    • 2. 名無しの鬼女さん
    • 2017年11月24日 11:58
    • (前述のように)人から怨まれる後ろ暗いことをした自分は
      (後述のように)恨みの念で不幸になり死に至るのではないか
      と言うお話ですよ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット