☆サムネ画像_話

source: https://www.logsoku.com/r/2ch.net/kankon/1379406170/


980: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/01(火) 13:18:57.61 ID:MVTbBQOT
20年近く昔な上にグロ注意です。

電車による轢死体を見た事が修羅場だった。
しかも轢死1と轢死2は半月ぐらいの間に立て続けに遭遇。

轢死1は、私が東北の田舎に住んでいた冬に遭遇。
雪深い所なんだけど、隣の県に用事があって電車に乗った。
電車は混んでいて、仕方なく先頭車両の運転席のすぐ後ろに立っていた。
あの位置に乗るとわかると思うけど、やる事なくてつい進行方向正面の窓をボーッと見てしまう(当時はまだ携帯が普及してなかったから、特にやる事がなかった)。
運転席から見える景色はただただ真っ白な雪景色で、かなり田舎なだけあって集落もない森の中を走っていた。

途中、夏しか停まらない駅に差し掛かった時に、通過駅だから誰もいないはずのホーム?に、黒い服を着た人影が見えた。
あれ?と思った瞬間、その人が電車の先頭車両に向かって飛び込んだ。
通過駅を猛スピードで通り過ぎるはずの電車が間に合う訳もなく、運転席のフロントガラスに直撃。
うまく表現できないけど、スローモーションみたいにふわっと浮いた体と、ドンっ!!って鈍い音と、水玉風船が弾けるビシャって音、そしてフロントガラスに一瞬で飛び散った、赤よりピンクに近い雨みたいな液体だけ覚えてる。

その後電車が急停止して、乗客が大騒ぎしながら全員が窓の外を見たけど、雪が深くて遺体どころか飛び散った血すら嘘だったんじゃないかってくらいの真っ白さがまた怖かった。
私も含めて最前にいた人たちはみんな腰が抜けたみたいに座り込んだり、その場で吐いてる人もいた。
結局1時間くらい停まって、隣の駅で全員降ろされた。 

981: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/01(火) 13:20:03.93 ID:MVTbBQOT
その半月後、就職で東京に出てきていた私(事故の時には家も決まっていた)。
アパレルだったんだけど、先輩とふたりで店舗に届け物して事務所に戻ろうと電車に乗った。
最寄り駅が片方にしか改札がなく、駅向こう徒歩5分の事務所に戻るため歩いていて、この角を曲がると踏切っていうところで、曲がった瞬間線路の中に大きなゴミ袋が落ちていると思った。人だった。
瞬時に状況が把握できなくて、とにかく線路の中にお婆さんが倒れてる!危ない!!と思って駆け寄ったら、下半身がなかった…。

私らの電車の後に追い越した特急に轢かれたみたいで、遠くに特急が停まってた。
たぶんブレーキとかサイレンとか鳴ったのかもしれないけど、私も先輩も歩いていて気づかなかった。
上半身だけのお婆さんはかすかに動いていたけど、踏切は降りてるし見物客も集まってパニック状態で、警察が来るまでその場から動けなかった。
事務所がその踏切のすぐ横にあるんだけど、窓から社長が出てきて警察呼んだからそこにいろ!って叫んでた。
路上では私たちが第一発見者だったから、警察に軽く質問されたけどガタガタ震えて何も言えなかったらしい(と、先輩から聞いた)。

事務所に戻ったらそのまま昼食のはずだったけど、もちろん食べられるわけもなく結局その日はそのまま帰された。
帰っても興奮していて夜まで何も手に付かず、夜になって弁当をかたそうと蓋を開けてハンバーグを見た瞬間、昼のお婆さんの切断部位を思い出して吐いた。
それから5年以上、肉という肉が食えなくなって困った…今はもう大丈夫だけど、当時は睡眠薬を処方してもらったり、夜中に前の轢死事故も合わせてフラッシュバックして相当な修羅場だったよ。



コメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. 名無しの鬼女さん
    • 2019年04月25日 09:13
    • 表面上忘れるまで大変だよな、思い出すたび手足が脱力する…
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット